私が朝に腰痛に悩まされた原因はマットレス!からだに合わないから疲れる

私が真剣に自分に合うマットレスを探し始めたのは腰痛に悩まされるようになったからです。

「朝になると腰痛でからだが動かない」
「寝ていると目が覚めてしまう」
「寝ても疲れが取れない」

敷布団やマットレスは寝ている時にからだを支え姿勢や寝返りに影響をしてきます。

私は体型に合わせて今まで選んだことはなかったので、マットレスが原因の腰痛に悩まされるようになりました。
今では自分に合うのを見つけることができましたが、この時は疲れが取れないので眠くなったり、休日に外出する気も全く起きませんでした。

以前の私のように腰痛に悩まされていたり、疲れが取れない経験をしている人もいるのではないでしょうか?

同じように悩まされている人は私のように自分に合うのを見つけるには、そもそもの原因を特定をしなければなりません。
朝の腰痛に悩まされている人は3つあるうちのどれが原因なのかを見つけ、それに合わせて自分に合う寝具を選ぶようにしましょう。

腰痛になるマットレスの原因

腰痛になるマットレスの原因は自分の体型に合わない寝具を使っているからです。

寝ている時には寝具に体重がかかるので、その体圧によりへこむように作られています。
背中はゆるやかにカーブしているので少しへこむのは良いのですが、腰痛の原因となってくるのが全くへこまなかったり、沈みすぎることです。

  • 劣化による寿命
  • 硬すぎる
  • 柔らかすぎる

私が朝に腰痛に悩まされたマットレスの原因はこの中で柔らかすぎることでした。
寝具は硬めがいいと推奨されていることが多いですが、それは私と同じように柔らかすぎるのが原因で腰痛に悩まされやすいからでもあります。

だからと言って、高反発が腰痛に良い訳ではなく、硬すぎるのは逆に悪化をさせてしまいます。
ひとつづつの原因を詳しく解説するので、あなたが本当に腰痛に悩まされているのはどれなのかまずは特定をしてください。

柔らかすぎるマットレスは腰が沈み腰痛の原因

多くの人が悩まされているのが体型に合わずに柔らかすぎるマットレスが原因で腰痛に悩まされていることです。

低反発で柔らかいマットレスだとふかふかで気持ちが良いですが、体圧のかかる部分によって沈み込みの深さが変わります。
仰向けでも横向けでも寝具に重みがかかるのは、お腹やお尻など脂肪が集中する腰付近です。

そのため、お尻付近が深く沈むことで寝返りがしづらく、姿勢も腰が曲がったままとなるので、腰痛に悩まされるのですね。

低反発マットレスや敷布団は人気があるものの、使ってみると痩せている人でないと沈み込みが深くなってしまいます。
そのため、TVCMや雑誌などで良いと聞いて使ってみるものの、腰痛に悩まされている人は多いです。

柔らかすぎるマットレスで腰が沈むのが腰痛の原因の人は今の寝具より硬いのを新しく使う必要があります。

硬すぎるマットレスは腰が浮き腰痛の原因

硬すぎるマットレスで寝るとお尻が全く沈まないので、背中が浮くようになってきます。

硬すぎる寝具に寝ているとからだの重みで体圧がかかっても全く沈むことはありません。
しかし、背中はゆるやかにカーブをしているので、へこむことが一切なければ腰が浮いた状態となってしまいます。

そのため、睡眠中に腰が寝具に接地をせずに浮かせた姿勢を保つことになるので、朝に腰痛に悩まされる原因になります。

寝具は高反発が腰痛に良いと紹介されていることも多く、それに騙されておすすめされたマットレスで悪化をしたなんて人はたくさんいます。
私もそのうちの一人なのですが、高反発だから腰痛に良いのではありません。

高反発にも色々と硬さは違うので自分の体型に合うのを選ぶようにしてください。

マットレスの真ん中が沈み劣化によるへたりで腰痛

どんなマットレスも使っていくとへたるようになり、劣化をしていきます。

毎日のように体圧をかけてを繰り返しているので、だんだんと復元力もなくなり少しへこんだままとなります。
マットレスや敷布団に寝た時は腰回りが寝具にかかる体圧が強いので、真ん中付近がへこむようになってきます。

そのため、寝ていない時でもマットレスの真ん中がへこんでいるので、寝た時に必要以上にお尻が沈むようになります。

この状態だと寝返りはしづらく姿勢も腰が曲がった状態で約7時間もの長い睡眠をするので、疲れが取れないようになってきます。
ひどい状態になると朝に腰痛に悩まされる原因になってくるのですね。

マットレスの寿命は高反発か低反発かで違いがあり、3年から10年ぐらい使えますがあくまで目安でしかありません。
安いマットレスだと品質も悪く復元力が無いので、すぐにへたるようになり買い替えが必要になってくるのも多いです。

マットレスの真ん中が沈むのであれば、劣化が腰痛の原因となってるので、買い替えをするようにしましょう。

マットレスが原因の腰痛に対策は効果が期待できない

マットレスが原因で腰痛なら何とか対策をしてどうにかならないか、私のように考える人も多いかと思います。
しかし、経験談でもありますしネットで見かけるのはほとんど効果がないので、おすすめはしないです。

マットレスが原因の腰痛の時の対策として見かけることが多いのが、「マットレストッパー」を上に敷いた方法です。
寝具の上に薄い補助寝具用品を敷くことで、確かに硬すぎたり柔らかすぎるのを改善することができます。

体に合わないマットレスを使いながら沈み込みを一時的に変えて改善がされても、またすぐに薄いトッパーがへたり腰痛に悩まされることもあります。

また、マットレストッパーは種類は寝具に比べると選べる種類も少なく、硬さの選択もできなかったりします。
そのため、自分に合わないマットレスに最適ではない硬さのトッパーとなることも多く、少し良くなったり悪化をしたりと失敗をしやすいです。

マットレスが原因の腰痛の時は対策は効果があまり期待できないので、新しい寝具を買い替えするのがおすすめです。
無駄にトッパーなどに出費をするだけになりやすく、自分に合うのを新しく購入する必要になっても、その時にはトッパーは必要なくなります。

腰痛になるマットレスの原因別に自分に合うのを見つける

マットレスの何が原因で腰痛になっているのか特定ができれば、自分に合うのはどんなのを使えば良いのかが分かるようになってきます。

  • 柔らかすぎるなら今より硬いのにする
  • 硬すぎるなら柔らかいのにする
  • へたりなら新しいのを買い替える

自分に合うのを見つける時に注意をして欲しいのが、高反発か低反発のどちらかを選べば良いのかが分かった訳ではないことです。
柔らかすぎる人は高反発で硬すぎる人は低反発など紹介がされていることが寝具の情報には多いです。

しかし、マットレスが原因の腰痛で特定できたのは今の寝具があなたの体型には柔らかかったり硬すぎることです。
高反発にも低反発にも色々な硬さがあるので、選ぶ時に大切なのはどれぐらいの数値なのかです。

硬すぎるからと言って低反発が良いのではなく、今の寝具が200Nならそれより柔らかい高反発が良いこともあります。
私は低反発が原因の腰痛で知らずに良いと見かけた高反発に変えて、腰が浮いて悪化をした経験があります。

高反発だから腰痛に良いなどに騙されるのではなく、あなたの体型に合う硬さのマットレスを選ぶようにしましょう。

硬さの目安について知らない人は下記の体験談で解説をしているのでチェックをするようにしてください。
腰痛マットレスで悪化した体験談!自分に合うマットレスの選び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする