マットレスの硬さで腰痛に良いか悪いかが変わる〇つの理由

マットレスを選ぶ時には最初に硬さを決めるのが基本となっています。

朝に腰痛などに悩まされている人は、マットレスの硬さ選びに失敗をしている可能性が高く、自分に合わないのを利用しているからです。

選ぶ硬さによって、寝姿勢が変わるので、睡眠中に長時間をどんな体制で過ごすことになるのかが変わるからです。

しかし、この硬さに関しては完璧に自分に合うのを見つけることは不可能に近いです。

この記事ではマットレスの硬さについて解説をして、腰痛に良いか悪いかが変わる〇つの理由を知ることで、自分に合わないのを選んで失敗をしづらいようになっています。

マットレスの硬さで腰痛に良いか悪いか変わる3つの理由

腰痛に良いマットレスは高反発や低反発と解説されてるのを見かけますが、それはどんな体型の人にでも言えることではありません。

なぜならマットレスの硬さは様々であり、寝る人の体型も様々であるからです。

そのため、自分の体型とマットレスの硬さによって寝る姿勢が変わるので、腰痛に良いか悪いかが変わります。

こういった偏った考え方で選ぶと失敗をすることが多いので、マットレスの硬さで腰痛に良いか悪いか変わる3つの理由を紹介します。

硬い高反発マットレスが腰痛に良い訳ではない

硬い高反発マットレスが腰痛に良いと言うのを見かけるのは多いです。

その理由は硬いと腰が沈まないので、楽な姿勢で寝ることができるなどです。

沈むことで腰痛になりやすいので、硬い方が合いやすいのは間違いないのですが、それが全ての人に当てはまる訳ではありません。

背中はS字に沿っているので、硬いのが腰痛に良いと選ぶことで、背中は浮いた状態の寝姿勢になることがあります。

そして、腰が浮いた寝姿勢は腰痛になりやすい原因のひとつになっています。

ようするに硬い高反発マットレスだから腰痛に良い訳ではありません。

柔らかい低反発マットレスが腰痛に悪い訳ではない

柔らかい低反発マットレスは腰痛に悪いと見かけることは多いです。

しかし、これも同様に必ずしも腰痛に悪いと全ての人に言い切れることではありません。

柔らかい低反発マットレスだと、腰が沈みやすいので、確かに疲れる寝姿勢になってしまう人は多いです。

しかし、腰はS字に沿っているように、軽く沈んでくれて、背中がほぼ着くぐらいが、楽な寝姿勢と言われています。

ようするに腰が沈むから腰痛に悪い訳ではなく、沈みすぎるからいけないと言うことです。

同じマットレスの硬さで寝ても体型で寝姿勢は変わる

同じマットレスの硬さで寝ても、どんな寝姿勢になるかは、人によって変わります。

極端な例が分かりやすいですが、体重100kgの太った人が120Nぐらいの高反発マットレスで寝ると、腰はかなり沈んでしまいます。

そして、痩せてる女性が低反発マットレスで寝ると、同じ120Nぐらいの高反発マットレスに寝れば、腰が浮いてしまうことになります。

ようするに同じマットレスの硬さであっても、どんな体型の人が寝るのかで寝姿勢は変わってしますのですね。

マットレスの硬さによってどんな寝姿勢になるかは変わります。

しかし、全ての人がどんな硬さで寝れば良いなんてことはなく、体重や背中の反り具合や身長などの体型などで、一概に言えることではありません。

【結論】自分に合うマットレスの硬さを選ぶのが腰痛に良い

自分に合うマットレスは硬さを体型に合わせて選ぶのが腰痛に良いということです。

あなたは痩せていますか?

それとも太っていますか?

それによってどんな硬さを選べば良いのかは変わってきます。

腰痛には高反発が良い・体圧分散だから良いなど、偏った解説を見ることは多いです。

しかし、それを信用して自分に合うのとは関係なく選ぶのであれば、私のように失敗をしてしまうことにもなります。

腰痛に良いのは自分に合うマットレスの硬さであり、そこから体圧分散に優れて楽に寝れる姿勢で睡眠をできることなのですね。

よければ私の「腰痛マットレスで悪化した体験談」や「自分に合うマットレスの選び方」を下記では具体的に解説しているので、一緒にご覧頂ければと思います。

腰痛マットレスで悪化した体験談!自分に合うマットレスの選び方とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする